Language
JA
EN
简体中文

Profile

■渡辺えり
1955年1月5日生まれ。山形県出身。舞台芸術学院、青俳演出部を経て、1978年に「劇団3○○」を旗揚げ。小劇場ブームを牽引する。現在は「オフィス3◯◯」主宰。劇作・演出・俳優として活動し、多くの話題作を発表。早川文庫より『ゲゲゲのげ・瞼の女』『光る瞬間・月夜の道化師』『天使猫・月に濡れた手』、毎日新聞で連載中の『人生相談』が発売中。日本劇作家協会会長の二期目を務める。舞台のみならず、ドラマ、映画、執筆活動等、各分野で活躍の場を広げている。映画『Shall We ダンス?』では日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞。他多数の受賞歴を持つ。歌手としてもライブ活動を展開。2021年8月より喜劇『老後の資金がありません』に出演が決定。

【渡辺えり受賞歴】


2015年 - 2015 55th ACC CM FESTIVAL・クラフト賞 フィルム部門 演技賞
東京ガス「家族の絆・母とは」のCMの演技に対して
2008年 名古屋演劇ペンクラブ賞
『恋はコメディー』
1997年 - 第20回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞
『Shall We ダンス?』
1996年 - 第21回報知映画賞助演女優賞
『Shall We ダンス?』
1995年 - 第4回日本映画プロフェッショナル大賞特別賞
『忠臣蔵外伝四谷怪談』『怖がる人々』
1995年 - 第17回日本アカデミー賞優秀助演女優賞
『忠臣蔵外伝四谷怪談』
1991年 - プラハ国際テレビ祭グランプリ
『音・静かの海に眠れ』
1987年 - 第22回紀伊國屋演劇賞
『瞼の女 まだ見ぬ海からの手紙』
1983年 - 第27回岸田國士戯曲賞
『ゲゲゲのげ 逢魔が時に揺れるブランコ』
1980年 - シアターグリーン賞受賞
『改訂版タ・イ・ム(夢坂下って雨が降る)』

他、アジア国際映画祭最優秀助演女優賞、橋田壽賀子賞など多数受賞。

MORE

Works

舞台(創作)

SHOW MORE

舞台(出演)

SHOW MORE

コンサート

SHOW MORE

ドラマ

映画

番組

SHOW MORE

CM

書籍

お仕事のご相談はこちら

CONTACT